blog index

ナンセイ養鶏 たまご便り

<< たまごだより 1月号 | main | たまごだより 3月号 >>
たまごだより 2月号

猛威!!鳥インフルエンザ
なんと韓国では3000万羽が殺処分!

皆様、寒い日が続きます。いかがお過ごしでしょうか。

今年は鳥インフルエンザが例年になく猛威を振るい、日本全国で早くも9つの養鶏場が発生、約131万羽が殺処分となっておりますが、お隣の韓国ではそんなどころではありません。

鳥インフルエンザの大量発生でアヒルや鶏の殺処分が3200万羽を超えるというのです。

たまごを産む鶏の約3分の1がいなくなってしまったのです。

そのせいで鶏卵の価格も高騰し、発生以前の1.5倍くらいに上がっており、国民の生活にも大きな影響が出ています。

そう考えると、いまのところですが、日本の養鶏農家がいかに必死にウィルスの侵入を防いで奮闘しているか見えてきます。

中国やシベリアにインフルエンザのウィルスが常在していて、そこからやってくる渡り鳥たちは韓国や日本にやってきます、そして我々日本の養鶏農家も毎日がこの「見えない敵」との戦いなのです。

日本国内でも野鳥では毎日のようにどこかの県で発生があり、6年前を抜いて過去最高の数字です。

大量のウィルスをもった渡り鳥が日本国内に来ています。

あとは、いかに鶏舎に侵入させないか、ということなのです。

我々の農場も、「絶対に発生させません」とまでは言い切れないところがあります。

しかし、万が一の発生があっても、提携農場の鶏卵を供給するなど鶏卵の供給ではできるだけお客様にご迷惑をおかけしないようにいたしますので、どうか宜しくお願いします。

これからも、私たちはお客様と「顔の見えるお付き合い」をさせていただきたいと思います。

どうか、今年もご指導を宜しくお願いします。  

 

萩原真郎

| tamagodayori | たまご便り | 00:06 | - | - |
  自販機設置場所探しで収入ゲット


ナンセイ養鶏WEBサイト



bolg index このページの先頭へ